ホームサイトマップ個人情報の取扱



 HOME > ガス料金 > 原料費調整制度について

ガス料金

 

原料費調整制度について


●原料費調整制度とは  

    都市ガスの原料であるLNG(液化天然ガス)やLPG(液化石油ガス)の価格は、
  原油価格や為替レートの動きによって変動します。この原料価格変動に応じて、
  ガス料金の単位料金(1m3あたりの単価)を調整する制度です。

●単位料金の調整

  (1)平均原料価格の算定
     貿易統計の実績値から3ヶ月の平均価格を算定します。

  平均原料価格=(トンあたりのLPG平均価格)
                             (※10円未満は四捨五入します)

  (2)調整適用範囲の確認
     (1)で算定した平均原料価格から、調整適用範囲であるか確認します。


  (3)原料価格変動額の算定

  原料価格変動額=
    (1)で算定した平均原料価格基準平均原料価格

                           (※100円未満は切り捨てします)


  (4)調整額の算定

  0.133円/m3×(3)の原料価格変動額/100円
   ※少数第3位以下を切り捨てします。この調整額が単位料金に反映されます。

  (5)適用期間:調整単位料金の適用期間は以下のようになります。

調整単位料金の適用月 平均原料価格の算定期間
1月検針分 前年 8 月 〜 前年 10 月
2月検針分 前年 9 月 〜 前年 11 月
3月検針分 前年 10 月 〜 前年 12 月
4月検針分 前年 11 月 〜 当年 1月
5月検針分 前年 12 月 〜 当年 2月
6月検針分 当年 1 月 〜 当年 3 月
7月検針分 当年 2 月 〜 当年 4 月
8月検針分 当年 3 月 〜 当年 5 月
9月検針分 当年 4 月 〜 当年 6 月
10月検針分 当年 5 月 〜 当年 7 月
11月検針分 当年 6 月 〜 当年 8 月
12月検針分 当年 7 月 〜 当年 9 月
 

Copyright ©2009 寒河江ガス株式会社 All rights reserved.